白内障や緑内障が起こる主な原因は加齢によるもの|治療が大事

蚊のような虫が飛ぶ

目元

加齢で起こりやすい病気

飛蚊症と言う病気があります。これは目の病気で、視野の中に黒い点や虫、更には薄い靄みたいなものが見えるものです。特に黒い点などが、目を動かすことで視界の中であちらこちらに移動することから、蚊が飛んでいるように見えることから、この飛蚊症と呼んでいます。この現象は、いつも現れているものではなく、白い壁とか空を見上げた時に現れることが、多いのが特徴です。この現象が現れるようになった時には、加齢によることが多く、特に心配するものではありません。ですが、網膜剥離などの大きな病気の前触れでもあることから、この蚊が飛ぶ現象を見た時には、一度眼科医に相談されることが良いとされています。痛みを感じないため眼科へ行く人も少ないのが、現状です。ですが、危険も待ち構えているかもしれませんので、早めに眼科へ行くことをお勧めします。

大きな病気もあるため

この飛蚊症にかかる原因には、二つの要素が考えられます。一つは、治療を必要としない生理的な場合があります。そしてもう一つは、治療をしないで放っておくと、視力傷害にもなってしまう病的なことに分けらることになります。人の眼球には、硝子体と呼ばれる透明なゼリー状のものが詰まっています。多くは水分で、わずかに線維が含まれ、若い時には透明ですが、加齢により濁りが発生します。こも線維の固まりが、硝子体を離れ、眼球内と浮いた状態になり、蚊が飛んでいるように見えている訳です。これに対し、病的な場合には、網膜剥離とか硝子体に出血がある場合、ぶどう膜炎と言ったことが、考えられます。いづれも、失明とか痛みを発することから、早めの治療を行うことが必要になります。気がついた時は、早めに眼科へ行き飛蚊症の診察を受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加