白内障や緑内障が起こる主な原因は加齢によるもの|治療が大事

病院を利用しよう

眼

飛蚊症という病気がよくネットなどで話題になります。飛蚊症とは、何かものを見ている時に蚊のような黒いものが動いているように見える病気のことを言います。飛蚊症には様々な原因があるのですが、その原因が生理的なものである場合は特に治療の必要はありません。しかし網膜などが原因となっている場合には病院での治療が必要となります。網膜が原因となっている場合には、視力の低下や視野が狭まるなどの症状が伴うことが多いです。もし飛蚊症の症状と視力低下などの症状が同時に起きている場合には眼科で詳細に検査を行うのが賢明と言えるでしょう。もしそのまま放置していると症状が知らず知らずのうちに悪化することも考えられます。早期に対応することが大切です。

それでは飛蚊症になってしまった場合どのような治療法を行うのでしょうか。まずストレスなどの生理的な原因によるものに関しては治療の必要はありません。出来る限り気にしないようにし、慣れるようにしましょう。もし生理的な原因ではない場合は眼科での治療が必要となります。しかし原因によって治療法が異なります。目薬やレーザー治療などを様々なものがあります。また飛蚊症の原因としてよくある網膜剥離の場合は手術を行う場合もあります。このように飛蚊症と一言で言っても人によって原因や症状は異なっており、また治療する際にはそれに適した方法が必要となります。いずれにせよ大切なことはとにかく病院で検査を受けることです。もし飛蚊症の症状が現れた際は自己判断をせずに病院に行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加