白内障や緑内障が起こる主な原因は加齢によるもの|治療が大事

ゴミのようなものが見える

医師と患者

浮遊物が見える

目の症状で悩む人は多いですが、特徴的な症状のひとつに飛蚊症があります。これは黒い浮遊物が目の前に飛んでいるように見えるもので、明るいところでは特にはっきりと見えるので気になるという人も多いのではないでしょうか。ゴミのような浮遊物は糸状であったり、円形であったりと様々な形をしています。そして視線を変えても浮遊物は一緒に移動し、視界から消えることがありません。年配の人に多い症状というイメージもありますが、若い人にも起こる症状です。そして飛蚊症も生理的なものの場合は特に治療が必要ないとされていますが、時には網膜剥離などの病気が原因で起きていることもあり、その場合は原因となる病気の治療を行う必要があります。

まずは検査しよう

飛蚊症は特に治療が必要ないという人も多いですが、眼病が原因している場合は放置しているとより悪化し、視力低下などの問題も出てきます。網膜剥離の場合は飛蚊症の症状だけではなく、視野が欠けて見える、物がゆがんで見えるなどの症状が出ることもありますので、こうした症状がある場合はできるだけ早く検査を行いましょう。このほかでは硝子体出血、感染症、ぶどう膜炎などでも飛蚊症の症状が出ることがあります。生理的なものなのか、病的なものであるのかは素人では判断するのは難しいものがありますので、気になる症状が出た場合は放置せず、早めに検査を受けておきましょう。生理的なものと判断されればひとますは安心ですが、病気が原因している場合はその病気の治療をしっかりと行い悪化を防いでいきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加