白内障や緑内障が起こる主な原因は加齢によるもの|治療が大事

併発する事もあります

検査

主な原因は加齢です

白内障と緑内障はどちらも目に発症する病気でよく似ている名前をしています。名前は似ていても全く違う病気ですが、白内障と緑内障の2つの病気は併発することがあります。白内障とは、目の中にある水晶体と呼ばれるレンズと同じ働きをしている部分が白く濁ってしまう病気の事です。目の外から入ってくる光が網膜に届きにくくなってしまうため、視力が低下したり、物がかすんで見えてしまったりします。発症する原因で一番多いのは加齢で、老人性白内障は加齢によって発症するものです。これ以外の原因としてはアトピー性皮膚炎や糖尿病の病気の影響で白内障を発症してしまう事や先天性のものもあります。治療方法は、初期の場合は点眼薬を投与して病気の進行を遅らせたりします。症状が進んでしまった場合は手術を行います。手術は主治医とよく相談をしながら時期を決めて行う事になります。

日本の失明の原因第1位

緑内障とは、視神経に異常が起こって目で見た情報をしっかり脳に伝えられなくなり、視野や視力に障害が起きてしまう病気で、初期から中期の段階では自覚症状がほとんど無く、適切な治療をしないでいると失明をしてしまう事もあります。後期では日常生活に支障をきたすほど視界が狭くなってしまいます。日本での失明の原因第1位はこの緑内障です。この病気には慢性のものと急性の緑内障があります。この病気を発症してしまうと失ってしまった視界は回復することがなく、進行を遅らせるための治療が行われます。治療には点眼薬と内服薬を併用したり、レーザー治療や手術などで治療を行います。この2つの病気は併発することもあるので注意が必要です。白内障が進んでしまうと緑内障を併発してしまう可能性があるのです。白内障と緑内障の病気に大切な事は早期発見です。そのためには定期的な検診を受けましょう。

眼

病院を利用しよう

飛蚊症は視野の中に蚊が飛んで見える症状ですが、多くの人は生理的なものが要因で発症しています。生理的なものであれば良いですが、網膜の異常で症状が出ている場合は眼科で診てもらうことです。まずは自分で判断せずに、一度受診することをおすすめします。

医師と患者

ゴミのようなものが見える

飛蚊症は目の前にゴミのような浮遊物が見える症状で、年配の人だけではなく、若い世代にも表れる症状です。その症状も生理的なものならとくに治療の必要はありませんが、病気が原因している場合はその病気をしっかり治していきましょう。

目元

蚊のような虫が飛ぶ

この飛蚊症は、加齢が原因とされるものが、一般的と言われます。そのため心配する必要もないのですが、大きな病気の前ぶれの可能性もあると知っておきましょう。念のために一度眼科へ行き、検診を受けて安心するのが、一番と考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加